2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

京都 シャクナゲ街道

京都北山、天岳に行ってきました。
当初滋賀赤坂山にお花を見に行く予定でしたが、前日からの雨で急遽変更。
雨が上がることを祈りながら、8時半すぎ、大原行きのバスに乗り込みました。
約一時間強で登山口下車、丁度見頃のシャクナケ゛を見るべく10時に登り始めました。
約 40分の登りでシャクナケ゛尾根に到着、生憎の雨でしたが、
シャクナケ゛のアーチは所々素晴らしく皆感動。
行き交ったこの山の達人(何十年も登っておられるとか)に寄れば、今年は当たり年だそう。
シャクナケ゛尾根で少し鑑賞時間をとりつつも、その足で急ぎ天岳山頂へ。
先週の暑さはどこへやら、山頂は冷たい雨、風でまるで冬のような寒さでした。
やはり山の天気を侮るなかれ。
あまりの寒さに昼休憩もそこそこに鞍馬に向けて出発。
少しペースアップで下山するうち、日がさして暖かくなってきました。
鞍馬への下山道、天岳への登山道ともにほぼ整備された林道で歩き良い道でした。
天気には恵まれなかったものの、雨に濡れた美しいシャクナケ゛を見れて楽しい山行でした。
また本日は他の会ともたくさん出会ったのですが、
「あんたら、若いなぁ~、大学生?」を連発され、
嬉しい(いや、悲しい?)悲鳴がいっぱいの一日でもありました…。

| 有志山行 | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月例会山行・二上山読図

4月例会は公開ハイキングということで
他の会の方が5名参加してくださいました。
とってもにぎやかに読図してきました。
上ノ太子側から登ります。

■山 域 奈良 大阪
■日 程 4月19日(日)
■参 加 名
■天 気 晴れ
■行 程 近鉄上ノ太子駅⇒果樹園を経て⇒穴虫峠(ダイトレ入り口)⇒緑の鉄塔⇒
       ⇒二上山(雌岳)⇒岩屋峠⇒祐泉寺⇒当麻寺⇒近鉄当麻寺駅


0904reikai1.jpg
まずは出発点の上ノ太子駅でコンパスの基本的な使い方を確認しています。

0904reikai2.jpg
途中の確認ポイント。二上山の雄岳があそこに見えているので...。

0904reikai3.jpg
ここも確認ポイントの254mのピーク。まだ桜がきれいです。

0904reikai4.jpg

0904reikai5.jpg
二上山雌岳の山頂ではつつじが咲いていました。

0904reikai6.jpg

| 例会山行 | 23:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乗鞍岳BC

4月11日~12日乗鞍岳へ山スキーに行ってきました。
K子です。
位ヶ原より上は真っ白な白銀の世界で、
白と青の2色がきれいでした。
09norikura1.jpg

1日目は位ヶ原まで行って位ヶ原山荘へ滑り込み山荘にて宿泊

4月はスキー場のリフトは終わっているので国民休暇村から
登り始めて、位ヶ原まで標高差役1000m、
三本滝から上のゲレンデはスキーで登るにはちょっと急斜面で
ジグザクに登り距離は増すばかり。

その上この日は初夏を思わせるほどの暑さ。
もう暑くて休憩は木陰で涼むを繰り返す。

09norikuraski2.jpg
まだまだ遠くに見える剣が峰。ゲレンデをひたすらのぼります。

09norikuraski3.jpg
スキー場上部を過ぎるとこんなツアーコースに

09norikuraski5.jpg
中央アルプスが見える

09norikura7.jpg
位ヶ原から見た剣が峰と魔利支天。かなり近くなりました。

09norikura8.jpg
位ヶ原からみた穂高、槍ヶ岳 一番左に小さーい槍が見える

4月12日の朝は気温が低く、昨日の暑さで緩んだ雪が
変にガチガチに凍って嫌な感じでしたが時間が経つに
つれていい感じに緩み、しまったザラメ雪で滑りやすい。
つぼ足であるいても大丈夫なぐらいです。

09norikura9.jpg
山荘すぐの昨日滑った斜面を登る。

09norikura11.jpg
そしてここは位ヶ原からの山荘へ滑り込む斜面

09norikura10.jpg
この斜面をひたすら肩の小屋目指して登る

09norikura12.jpg
大雪渓からみた剣が峰 大雪渓は気持ちいい斜面でした。

リフトが動いてないので、晴天にもかかわらず人が少なく
静かな乗鞍岳を楽しめました。
でも次回、行くならやっぱりリフトが動いてる時がいいかな。


| 個人山行 | 00:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月