白峰山の会

大阪のハイキングクラブ。関西の山好き仲間が集まって、山行報告や楽しいこと。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の南八ヶ岳へ

N井です。

28日~30日と南八ヶ岳の赤岳に行ってきました。
私にとって、初めての南八ヶ岳。

■山 名 赤岳
■山 域 南八ヶ岳
■日 程 12月28日(日)~30日(火)
■参 加 3名
■天 気 28日 晴れ、29日 晴れ、30日 晴れ
■行 程
28日:
美濃戸口・駐車場13:40→美濃戸山荘14:45~15:05→赤岳鉱泉17:35
29日:
赤岳鉱泉8:28→行者小屋9:05~9:15→地蔵仏10:10~10:20→
赤岳天望荘10:25~10:35→赤岳11:05~11:27→赤岳天望荘11:45~12:30→
地蔵尾根の途中でラッセル練習13:00~13:35→行者小屋13:52→赤岳鉱泉14:13
30日:
赤岳鉱泉9:35→ジョウゴ沢9:55~11:05→赤岳鉱泉11:20~13:05→
美濃戸山荘14:20~14:35→美濃戸口・駐車場15:35

28日は赤岳鉱泉のテント場まで。
出発が遅かったため日没に間に合わず、最後はヘッドライトを点灯して歩く。

29日は赤岳へ登る。
地蔵尾根は急登だが、あっという間に標高を稼いでくれる。
途中、高度感抜群の雪面をトラバースする場面が数ヶ所あり、緊張した。
地蔵仏まで登ると主稜線。さすがに風が強く、積雪が少ない。
所々岩が出ていてちょっと歩きにくい。
そして赤岳へ無事登頂。360度の眺望が楽しめました。
富士山、南アルプス、北アルプス、中央アルプス、御嶽山、浅間山など。

地蔵仏にて。阿弥陀岳が見える。


地蔵仏から赤岳を見上げる。


赤岳へ最後の登り。


赤岳より北方向(八ヶ岳全景)を望む。
一番北にある蓼科山までよく見える。



その後、赤岳天望荘まで戻って、暖かい小屋の中で休憩。
こういう時期でも稜線上の小屋が営業しているとは、ありがたいです。

テント場まで戻ってきて少し遅い昼食後、ビーコン捜索の練習を行う。

30日はビーコン捜索練習の後、ジョウゴ沢へ向かう。
凍った滝でトップロープを張ってもらい、アイスクライミングの体験をしました。
岩登りとはまた違った感触で楽しい。

三日間共、快晴で最高の天気でした。
2008年最後にいい登山が出来ました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

| 個人山行 | 23:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スキー場に行ってきました

N井です。

20日~21日は初級冬山登山学校の実技で岐阜の大日ヶ岳に行ってきました。
最近暖かいせいか、雪は少なかったです。
高鷲スノーパーク(スキー場)のすぐ上でテント泊をしました。

行動内容
20日:
高鷲スノーパーク→テント場手前で弱層テスト→テント設営・トイレ作成→
ビーコン操作練習・滑落停止訓練→搬出訓練→夕食→就寝
21日:
起床・朝食→大日ヶ岳山頂・弱層テスト→テント撤収→高鷲スノーパーク

正面の山は御嶽山。


ここで前回りをして滑落停止をする訓練をしました。


20日はすごくいい天気。
御嶽山や北アルプスの山々が綺麗に見えました。
この日の晩も暖かく、就寝時は逆に暑くて寝苦しいぐらいでした。
と言いつつ、いつも通り熟睡…。

21日は大日ヶ岳山頂まで往復しましたが、ガスって何も見えず。
テント撤収後、スキー場まで下りるとボーダー達がたくさんいましたが
私達のでかいザックなどの重装備は明らかに場違いでした(^^)

| その他山行 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月例会山行・南葛城山

08minamikatsuragi4.jpg

■山 名 南葛城山
■山 域 和泉山脈
■日 程 12月14日(日)
■参 加 10名
■天 気 雨上がりの曇り 5℃(山頂)
■行 程
 岩湧登山口10:00-05林道-10:28鉄板の橋-10:48鉄塔10:58
 11:25ノゾキ平11:35-12:25南葛城山頂13:00-13:05一本杉-
 14:05林道-14:55岩湧登山口 

今回はHC teruruからも参加者2名がご一緒です。

夜中から朝までわりとしっかりした雨が降っていてどうなることか
と思っていたら、起床の7時には止んでくれました。
気温もその後あまり下がらずまずまずの山行でした。

しかし・・
昨夜の納山祭で飲んで食べての後のからだ重い、重い。

まあ、それでも歩き出せばみんな調子よく山行が楽しめました。
南葛城は人も少なく、この日か山頂でマウンテンバイクの人一人に
あった以外は誰にも会いませんでしたよ。
落ち葉がいっぱいになった道には踏み後も不明瞭なところも
多かったですが、読図しながら、そしてテープを確認しながら
行けば迷うことはありませんでした。

08minamikatsuragi9.jpg
なんとこんな橋を渡ります。
これ、低いとはいえない高さで鉄板なので
雨上がりには滑ります、さらにやや傾斜が・・・。
これは怖かった!

08minamikatsuragi.jpg
まだ少し紅葉が残ってました。

08minamikatsuragi1.jpg

08minamikatsuragi2.jpg
落ち葉いっぱいの道にこんなかわいい植物が。
せんりょうにも似てるけどちょっと葉が違う。なんだろう・・。

08minamikatsuragi3.jpg
雨上がりの静かな山、雰囲気もいい感じです。

08minamikatsuragi6.jpg
帰りの尾根からの展望 大阪湾が見えました。

08minamikatsuragi5.jpg
山深い感じ、紅葉はきれいだったかもしれませんね

08minamikatsuragi7.jpg
帰りも秋色な道、でもこの落ち葉の下に木の根があって
滑るのがくせものでした。

08minamikatsuragi8.jpg
林道に出てすぐにある大滝 ここも新緑、紅葉がきっときれいでしょう。
まあ、枯れ木なので滝がよく見えます。

人が少ない=藪こぎ とかなり心配しましたが、
そんな箇所はほとんど無く、落ち葉がある以外は
道はわかりやすかったです。
静かな山でまた季節を変えて行ってみたいですね。
参加者のみなさんも楽しんでいただけたようです。

| 例会山行 | 00:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008年納山祭

12月13日 河内長野の滝畑ダムの奥にある
光滝キャンプ場にて納山祭を今年もやりました。

まずはテントやBBQ台を石を積み上げ準備。
そして、今回は滝見物など周囲散策もなく、
お腹が空いた!とすぐに調理が始まりました。
まずはこれ
08nozansai1.jpg
大きな鉄板で塩焼きそば めちゃめちゃおいしかったですよ。

08nozansai2.jpg
そして恒例のかんぱーい

12時に河内長野駅に集合して駅前のスーパーで
お買い物して13時20分発のバスに乗る。

回数を重ねるこごに料理内容もバージョンアップ。
しかし、毎回どうしても食材の量が多すぎてお持ち帰りに・・。
これはなかなか学習できませんね。
というかみんな食べたいものがいっぱいでその願望を叶えようと
すると量がセーブできないのです。
要するに欲張りすぎなんでしょうか。

08nozansai8.jpg
こんなりっぱな鮭の差し入れも
これで切り身をBBQで焼いたり、鮭バーグ、ホイル焼き、鮭入り根菜汁などなど
どれもおしかったです。

さて塩焼きそばが終わると本格的なBBQの始まり。
まずはこれも恒例の魚から
08nozansai4.jpg
差し入れでもらったホッケにベーグル

08nozansai3.jpg
このベーグル、大阪で超人気なH&Lベーグルです。
網で焼いたらおいしかった。BBQにベーグルですね。

08nozansai5_20090102000012.jpg
このホッケが油がのってって美味しかったので、その油で
きのことねぎのホッケ焼きwith醤油、柚子コショウ
これむちゃくちゃ美味しいですよ。おためしあれ。
そしたらこのホッケの皮にまた味が染み込んでパリパリ。
みんな食べてしまいました。
ホッケの3段活用です。(笑)

08nozansai6.jpg
そしてこれが鮭バーグ

08nozansai7.jpg
醤油とゆずコショウに漬け込んで焼いた鶏、
味が染み込んでてシュージーでした

08nozansai.jpg
デザートは焼きりんご

肉はもちろん、焼き芋もしましたよ。

08nozansai9.jpg
最後はマシュマロを焚き火で

ホント、焚き火は楽しいですね。
寒い時には幸せです。

でも、これだけ食べれば寒さも感じませんでした。

そしてこの重たいお腹で翌日は南葛城山の登るのでした・・。つづく


| その他山行 | 23:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。