白峰山の会

大阪のハイキングクラブ。関西の山好き仲間が集まって、山行報告や楽しいこと。

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大キレット行けず南岳

大キレットチャレンジのために新穂高温泉から南岳新道を通り
一気に標高差1700mを登り南岳まで行ってきました。

08minamidake5.jpg


ですが、
1日目はこれぞ夏山!というようなすっきりとしたいい天気でしたが、
2日目は天気予報どおりというか天気予報よりも早く朝から雨でした。
「山の天気はわからない」という言葉を信じてみましたが、やっぱり
わかっていた通りでした。
でもお盆の16日以降の8月は3日しかすっきりと晴れた日がなかった
という貴重な晴天の1日。大キレットは断念しましたが、
南岳からの常念岳や槍ヶ岳、そして大迫力の穂高を
見れたので大満足でした。

■山 名 南岳
■山 域 北アルプス
■日 程 8月21日-8月24日
■参 加 3名
■天 気 22日晴れ 23日霧→雨→曇り
■行 程
22日 駐車場5:00出発-5:20新穂高バス停5:40-6:10近道入り口-
    6:35穂高平小屋-7:25白出沢7:35-8:40滝谷8:53-9:45槍平小屋10:25
    10:45標高2100m-11:20標高2300m11:25-12:15標高2500m12:20-
    13:05標高2700m13:25-14:10標高2900m-14:25南岳小屋 周辺散歩

23日 南岳小屋6:35-7:00天狗原分岐ー8:05天狗池8:10-8:40槍沢分岐-
    9:10大曲-3分休憩-9:30ババ平-9:55槍沢小屋10:25-10:50二の俣-
    11:00一の俣-11:50横尾12:00-12:50徳沢

24日 徳沢7:35-8:20明神8:25-9:00上高地


こんな道が延々と続く南岳新道
08minamidake.jpg

標高100mごとに表示が。これがけっこうペースの目安になる。
08minamidake2.jpg

2700m。そしてこれの看板が出てくると
08minamidake3.jpg

看板アップ。「めちゃくちゃ急な下りのはじまりです」ということで
めちゃくちゃ急だった登りもほぼ終わり。
08minamidake4.jpg

これぞ夏山!穂高と南岳小屋(南岳方面より)
08minamidake6.jpg

夕方の幻想的な雲海 笠ケ岳と白山
08minamidake7.jpg

まるで雲海に自分が浮かんでいるよな感じ。
08minamidake8.jpg




  
スポンサーサイト

| 個人山行 | 19:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岳沢から前穂高岳へ

N井です。

14日~16日と北アルプスの岳沢から前穂高岳に行ってきました。
本来は奥穂高岳から北穂高岳へ縦走する予定でしたが、悪天候のため変更。
でも、のんびり出来て楽しい山行でした(のんびりしすぎたかも)。

■山 名 岳沢・前穂高岳
■山 域 上高地・穂高
■日 程 8月13日(水)晩~16日(土)
■参 加 5名
■天 気 14日 曇り時々雨、15日 曇り時々雨のち晴れ、16日 晴れ
■行 程
14日:上高地BT8:15→岳沢登山口8:35→風穴9:12→岳沢ヒュッテ跡10:45
15日:岳沢6:05→紀美子平8:05→前穂高岳9:00→紀美子平10:11→
岳沢12:25~13:33→岳沢登山口15:23→河童橋15:35→小梨平キャンプ場
16日:小梨平キャンプ場

14日朝、上高地を出発。岳沢へ向かう。
天気は下り坂の様子。今までずっと晴れの日が続いていたのに
なんでこの週末だけ天気が悪くなるんや!


上高地から穂高連峰を見るが、雲で見えない。


岳沢ヒュッテ跡から上高地を見る。


岳沢ヒュッテ跡のテント場で幕営。この後、大雨が降る。


岳沢(普段は涸れた沢)に轟音と共に濁流が流れる。


涸れていた滝沢大滝にも大量の水が流れる。


テントを張ってしばらくすると大雨が降ってくる。
岳沢(普段は涸れた沢)に轟音と共に濁流が流れ、驚きました。
雨は夕方にはあがりましたが、また夜中に大雨が降り、テントを叩く雨音で目が覚める。
15日朝になっても小雨が降り、回りはガスガス。
とりあえず前穂高岳だけ往復して下山する事に決定。
朝食を済まし、必要な荷物だけ持って、重太郎新道を登る。
軽い荷物とはいえ、中々厳しい傾斜の道だ。
わずか1.3kmで700mも高度を上げるんだから当然といえば当然か。

紀美子平からは一般道を通らず、ちょっと変わったルートで上がる。
浮石だらけで中々スリリングな道でした。

前穂高岳山頂に到着。


紀美子平へ下降。


紀美子平から前穂高岳を見上げる。


岳沢へ戻ります。


下山は普通に紀美子平へ。
そして岳沢に到着後、テントを撤収して、上高地へ下山する。
この日は小梨平キャンプ場で泊まって、のんびりする事に。
しかし夜遅くまで騒いでる若者が多く、山の中のテント場とはやはり違いました。

16日朝、帰る頃にはすっかり晴れの天気に。

綺麗に穂高連峰が見える。

| 有志山行 | 21:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金剛山 妙見谷コース

8月17日金剛山 往路妙見谷 帰路タカハタ道に行ってきました。

K子です。7月27日にも今回といっしょのコースを
行きました。八淵の滝とでこの夏は沢筋山行3回目。
やっぱり夏は沢沿いがいいですね。

今回はたまたま一緒になったベテランの男性の方に道案内していただきながら
登ってきました。すごく詳しい方でした。

9:05妙見谷入口-9:30妙見の滝-10:25沢終了地点10:33-10:45山頂
11:25-12:18腰折の滝-12:40豆腐屋
山頂はなんと20℃でしたよ。

時には崖をよじ登ることもありますが、小さな滝が多く、
ほとんど沢沿いを登れて涼しかったです。

08kongo1.jpg

08kongo2.jpg

08kongo3.jpg

08kongo4.jpg

タケハタ道は上部3分の2は尾根道です。
08kongo6.jpg

なかなか見ごたえのある腰折の滝 ここから沢沿いに下ります。
08kongo5.jpg


※妙見谷は地図には登山道として載ってないのでご注意ください。

| 個人山行 | 20:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八淵の滝

すこしでも涼を求めて八淵の滝山行へ行ってきました。

yatsubuchi3.jpg
貴船の滝

さすが日本滝100選です。りっぱな滝がいっぱいで
マイナスイオンが飛びまくってました。

岩稜帯歩きのすこしでも練習になればと・・・
でも、滑りやすい石でちょっと嫌な感じでしたが、
水の音や緑は癒されました。

yatsubuchi2.jpg

yatsubuchi1.jpg
こんなところを登ったり

yatsubuchi4.jpg
こんなところを下ったり

yatsubuchi6.jpg
そしてこんな所も・・。

yatsubuchi5.jpg

| 有志山行 | 00:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。