2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

≫ EDIT

雨あがりの金剛山 青崩 太尾

梅雨前線が活発な週末、土曜日の日中だけはなんとか
雨が降らなさそうなので金剛山に行ってきました。

登りは水越峠から青崩道を行きましたがアジサイがけっこう
咲いていました。こぶりなかわいいアジサイでした。

このコースは階段も少なく、登りやすい道で距離も標高差も
金剛山ではある方なのでトレーニングにはいいコースです。

帰りは太尾根コース、こちらも階段もほとんどなく登山道として
はいい道だと思います。雨上がりの緑がとってもきれいな
コースでした。

| 個人山行 | 15:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月例会山行・クリーンハイクと大岩岳

N井です。

1日は毎年恒例、労山主催のクリーンハイクでした。
白峰山の会の担当山域は百丈岩辺りということで、JR道場駅に集合。
今年は大阪労山だけのようで、昨年ほど参加者が多いという印象はない。
JR道場駅から百丈岩まで歩くが、目立ったゴミはほとんどない。
タバコの吸殻が時々落ちている程度。

さて、クリーンハイクが終了して昼食後、千刈ダム方向へ向かう。
6月例会山行として、大岩岳から布見ヶ岳へ歩くためだ。

■山 名 大岩岳
■山 域 北摂・道場
■日 程 6月1日(日)
■参 加 13名
■天 気 晴れ
■行 程
JR道場駅11:38→千刈ダム12:09→大岩岳13:10~13:26→東大岩岳13:45
酪農センター14:45→布見ヶ岳登山口16:02→波豆八幡神社16:15(バスで宝塚へ)

本来の予定ルートは
JR道場駅→千刈ダム→大岩岳→千刈水源地左岸→酪農センター→
布見ヶ岳→布見ヶ岳登山口→波豆八幡神社(バスで三田または宝塚へ)
のはずでしたが…。

千刈ダム。放水している。


大岩岳山頂から布見ヶ岳方向を望む。


千刈ダムから大岩岳までは良く踏まれた分かりやすい道。
しかし、その後の予定ルートは歩いた事がないので、どんな様子か分からない。
そして、大岩岳を出て、すぐに予定ルートから外れる。
千刈水源地左岸に出ず、予定にない東大岩岳に行ってしまったのだ。
しかし、地形図で進むべき方向を定めて進む事にするが、これがまたすごく不明瞭。
道らしき踏み跡は殆どなく、地形と方向だけを定めて進む。
そして予想通り、酪農センターに向かう谷筋の道に出た。
しかしこの道も、酪農センター手前で不明瞭になり、ものすごい藪漕ぎに。
やれやれ、なんとか酪農センターへ出て、車道をしばらく歩く。
するとまた問題が。今度は布見ヶ岳への取り付きが見つからない。
しばらく探したが、あまり時間を掛けるとバスの時間に間に合わなくなるかも
知れないので、ピークは諦めて北へ向かう。
そこからしばらくは歩きやすい明確な道。そしてそのまま地形図通り
谷筋を進むと急に道が荒れだした。というか道などない。完全な廃道だ。
歩きにくいところを抜け、ようやく普通の登山道へ合流し、無事下山。
なんとか余裕を持って、バスの時間(16:48)にも間に合いました。
他の人には、エライところを歩かせてしまいました。スイマセン。

しかし、里山で人があまり歩かないところは注意が必要です。
こういうところでは読図力が必要ですが、地形図に書かれた道も
いいかげんで、あまり当てにならないからです。

| 例会山行 | 22:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月