白峰山の会

大阪のハイキングクラブ。関西の山好き仲間が集まって、山行報告や楽しいこと。

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5月例会山行・長峰山~穂高湖

GW山行明けのゆっくり例会山行のつもりでした………。

■山 名 長峰山・穂高湖・シェール槍・新穂高・摩耶山
■山 域 六甲
■日 程 5月18日(日)
■参 加 9名
■天 気 晴れ
■行 程
9:20  阪急六甲駅出発 ⇒ 10:45 登山口 ⇒ 11:05 長峰山 ⇒ 
12:00 穂高湖 ⇒ 12:30 シェール槍 ⇒ 13:50 新穂高 ⇒
14:45 桜谷分岐 ⇒ 15:35 摩耶山 ⇒ 16:30 摩耶展望台 ⇒ 
17::20 阪急王子公園駅

朝から五月晴れとなり颯爽な気分で出発。
高級住宅街の急坂を汗だくで息を切らせて登る。
いきなり本日の核心部。登山口ですでにぐったり…。
しかし、良いお天気と爽やかな風の中順調に長峰山到着。
穂高湖で昼食を取りながらシェール槍の景色を堪能。

穂高湖から見るシェール槍。


シェール槍の岩場にくると皆が何だか嬉しそう。。。
やっぱり普通の山歩きでは物足りなく
ちょっとスリルな岩場が大好きらしい。
時間的に新穂高を止めようかと話したが、
これまた、皆で止められない。。。
新穂高の分岐を見誤り、正しい道は笹薮の中…。
小さいピークを2つ越えようやくピークに着く頃は
足元も見えず顔面まで笹薮に覆われ、掻き分けなが歩いて
皆、二度と歩きたくないと思ったはず……。
下りルートは元に戻るはずだったけど、、、
ルート変更で地図上では点線の道、急坂下りを選択。
急坂を慎重に何故だか楽しみながら下る。
摩耶山に向けて再び登り返し皆の口数も減って疲れ気味。
摩耶山に着くと後は下りだけ、再び元気を取り戻した。
下山途中、目の前に鉄棒が現れる!!!
恒例の鉄棒(懸垂した状態からそのまま逆上がりをする)に挑戦!
未だ、誰一人会長に勝てない……若者達頑張れ!!
駅に着いた時には予定より1時間近く遅れました。

下見もせずに道に迷ってばかりのリーダーで、軽い山行のつもりが
長時間の山歩きになってしまいましたが、しっかりしたサブリーダーと
嫌な顔もせずに一緒に来てくれる仲間に守られての山行でした。
皆さん、感謝します、有難うございます。
これからも宜しくお願いします。


報告:GON
スポンサーサイト

| 例会山行 | 23:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GWの北穂高岳

■山 名 北穂高岳
■山 域 上高地・穂高
■日 程 5月2日(金)晩~5日(月)
■参 加 8名+2名
■天 気 3・4日は晴れ、5日は曇り
■行 程
5/3 上高地 5:50 → 徳沢 8:00 → 横尾 9:15 → 本谷橋 11:15 → 涸沢着 13:45
5/4 涸沢 5:10 → 北穂高岳山頂 8:05 → 涸沢小屋 10:15 → 涸沢テン場 12:35
     → 本谷橋 13:33 → 横尾 15:05 → 16:30 徳沢着
5/5 徳沢 6:00 → 明神池 6:40 → 上高地ビジターセンター 7:31


今回は白峰の遠出山行にはめずらしく10人弱の大人数。
お天気のなか横尾までは普通にわいわいがやがや横移動で夏山と変わらない雰囲気。
それでも横尾大橋を渡った辺りから足元の残雪が増えてきました。

kitaho10.jpg
本谷橋からの登り

kitaho9.jpg
涸沢へ

kitaho8.jpg
もうすぐ涸沢

驚きだったのは冬道は本谷橋を渡って左岸を歩くことでした。
(夏は右岸をあるくのです。)
あとは涸沢を登りづめ。風景が変わらないので
目の前の雪面をみながらひたすら登りました。
涸沢ヒュッテの吹流しが見えても近いようでなかなかつかない。。。
涸沢のテント場はそこそこの人。テン場の後の斜面を
滑走するスキーヤーなど夏とはまた違う雰囲気でした。
GWの山の様子を取材と言うことでM新聞の取材の人が来ていましたが
われらが会長夫人がサングラス美人ということで写真撮られていました。

kitaho1.jpg
にぎわう涸沢のテント場

休憩の後明日の練習を少ししてテントでカレー鍋。
うどんでしめたところで
8時間睡眠!ということで早々に寝ました。


次の日も晴れ。
北穂アタック組と雪上訓練組に分かれての行動です。
いざ北穂へ!と出発しますが北穂沢の直登にすぐにへろへろに。
昨日に引き続き足元の雪面を見つめながら
一歩一歩登っていく。一面雪なので下に見える涸沢のテントが小さく
なっていくことが唯一高さのバロメータでした。

kitaho3.jpg
北穂高岳山頂直下

kitaho2.jpg
北穂高岳山頂

kitaho4.jpg
北穂から見る槍

kitaho11.jpg
北穂沢を登下降しました

北穂頂上はすごい風でしたが槍の穂先もくっきり見え
大キレットも雪に覆われていつもより穏やかな感じでした。
無事の登頂を祝って涸沢小屋ではソフトクリームで乾杯しました。

kitaho5.jpg
ソフトクリームで乾杯!

2日目は徳沢のテン場まで行きます。
涸沢から降りるときには日差しも強く雪もぐさぐさ。
雪面は照り返しが激しいらしくN井さんはのどぼとけのところが
真っ赤になっていました。女子は日焼け対策で誰みんな怪しい姿に。
徳沢に着いた時にはまったりムード。芝生の上で各自持ち寄りの宴会が
始まりました。ここのテント場、やっぱりいいですね。寝るのもふかふか。


最終日になって天気が怪しくなってきたので
テント撤収だけして上高地へ向かいビジターセンターの屋根の下でゆったり朝ごはん。
調子にのって五千尺ホテルにケーキを買いにいきましたが
生ケーキのお持ち帰りはやってないらしいです。残念。
あとは河童橋のライブカメラ狙ったり、河童橋をぶらぶら散策。
夏山セミナーの修了山行と同じコースを雪のときに登るという思い出深い山行となりました。

kitaho6.jpg
北穂高バックに記念撮影 みなさまお疲れ様でした


報告:water
写真:K子

| 連休山行 | 23:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。