2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

花いっぱいの白山

白山

■日程 7月27日(金)夜ー7月29日(日) 
■装備 テント泊
■山域 白山
■天気 28日曇り&濃霧 29日晴れ
■参加 3人
■行程 7月27日 10:30吹田発 2:50市ノ瀬 仮眠

      7月28日 5:50市ノ瀬(バス)-6:05別当出合6:35-7:10中ノ飯場ー
       8:35甚之助避難小屋8:45-9:40南竜ケ馬場 テント設営
        午後南竜ケ馬場散策
 
        7月29日 3:00起床ー4:45登山開始ー5:20アルプス展望台5:30-
          展望歩道経由-6:20室堂6:30-7:00御前峰7:20-7:50翠ケ池8:10-
          のんびりお池&花畑めぐり-9:30室堂9:50-10:03弥陀ケ原-
          エコ-ライン経由-11:00南竜ケ馬場 テント撤収12:50-
          13:30甚之助避難小屋-14:45別当出合-バス移動ー市ノ瀬

     

3連休は台風で山行計画も消化不良気味だったので、
例年なら梅雨あけで晴天だし花も最盛期。
青空リベンジで急遽、白山計画。

なのに、梅雨明けず、天気予報は曇り時々雨。

なんとか太平洋高気圧にがんばって欲しいと願いつつ
出かけましたN井、T子、K子3名。


28日は登山開始から南竜山荘まで雨は降らないものの曇りで、
山荘辺りは濃霧でどこに山荘があるのかもわからない状況でした。
07hakusan5.jpg
周りにはお花がいっぱいのはず・・。 

南竜ケ馬場にてテント設営。別山はあきらめて、あとはのんびり。
この日はずっと霧でときどき視界がましになることもあれば、小雨が降ったり。
夕方に少しの間、室堂あたりの稜線がみえました。
南竜ケ馬場テント場は本当にいいところでした。
07hakusan4.jpg



29日はあきらめていた天候も星空を見て一気にやる気がでました。
朝日も見れましたし、御前峰の頂上は青空でした。
その後のお花畑はほんとうに高山植物の群生で、クロユリ花畑もありました。
07hakusaneos3.jpg

07hakusaneos2.jpg


そして今年の白山はコバイケイソウが当たり年だそうで弥陀ケ原に
咲き乱れていました。

ようやく気持ちのいい山行ができました。

hakusan1.jpg

展望歩道より見た御前峰
hakusan3.jpg

剣が峰方面より見た御前峰 表と裏で全然表情が違います。
hakusan2.jpg



07hakusaneos7.jpg
ハクサンコザクラ

07hakusaneos1.jpg

07hakusan6.jpg

| 有志山行 | 23:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月例会山行・西大台ヶ原

7月例会 参加者10名

今月は9月から日本で初めて登山者の
利用調整が行われる西大台ケ原に行ってきました。


7月21日(夜)集合 前泊で大台ケ原へ。

07oodaigahara5.jpg


サブリーダーをしましたK子です。写真だけ提供して
感想は参加者の方に書いていただきました。

西大台にのぼって 文:water

9月から入山規制のかかる西大台に規制前に!
と行ってきました。
会のみんなは前泊だったので大台ケ原駐車場で待ち合わせ。
国道169号から大台ケ原ドライブウェイに入ったあたり
からガスが出てきました。さすが大台ケ原という雰囲気で
楽しみです。(写真無いけど。。。)

前泊組と無事合流。
今回のコースは西大台の周回コース、初めに下って
最後に登ります。
朝の一面白い霧のなかを歩いていきます。なんとも幻想的です。

07oodaigahara1.jpg

周りのみどりと空気の白とバイケイソウのクリーム色。
大台ケ原は湿気が楽しい。
このあたりで誰かが「けもの臭い」と。よく嗅いでみるとそれは
バイケイソウの匂いでした。初めてまじまじと匂った気がします。

07oodaigahara2.jpg

バイケイソウのアップ  匂いもイマイチな上に有毒らしい。
きれいな花なんですけどね・・・
07oodaigahara3.jpg


そんな白い霧も時間がたつにつれて晴れてきました。
白い霧にみどりの木漏れ日が混じりまるで黄緑色の
空気のなかにいるような気分。

07oodaigahara4.jpg

途中からは天気も快晴。緑の向こうに青空がのぞく
気持のいい山行でした。
アップダウンが少なく湿度と苔と植物を楽しむコース。
雑木林なので秋の紅葉の時期にまた訪れたいと思いました。

07oodaigahara6.jpg

川もとってもきれい

07oodaigahara8.jpg

こんな巨木もありました。

07oodaigahara7.jpg



バイケイソウ以外にもつるあじさい、がくあじさい、
ひめしゃらの花、ギンリョウソウ、ホトトギス・・・
その他、花もいっぱいありました。

■日程 7月21日(夜)-7月22日
■装備 日帰り
■山域 奈良 台高山脈
■天気 ガスのち晴れ
■参加 10人
■行程 7月21日 20:00橿原神宮周辺集合

   
      7月22日 5:00起床-6:15出発-7:20大台ケ原駐車場8:00-
      9:08七ツ池9:15-10:00開拓跡10:15-10:35開拓分岐10:45-
      10:55展望台11:35-11:50開拓分岐-13:00西大台分岐-
      13:20駐車場13:35-14:18日出ケ岳-15:00大台ケ原駐車場
      五色ノ湯入浴後解散

| 例会山行 | 22:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

急遽、岩湧山へ

N井です。

16日は岩湧山へ行ってきました。
台風で遠征を中止した代わりに、当初は日帰りで金剛山へ登る
計画を立てていましたが、前日になって予定変更。
春に大怪我をしたA木氏のリハビリ登山を兼ねた
H田氏企画の山行に混ぜてもらいました。

今回は尾根を直登するルートを歩いた。
ボッカするにはいいところ(あまり重くないけど)。

立派なキノコ。色がいいね。


岩湧山山頂から大和葛城山、金剛山を望む。


集合写真など。


岩湧寺へ寄りました。


紫陽花がまだ綺麗でした。

| 個人山行 | 21:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鹿島槍ヶ岳 爺ヶ岳

7月12日(木)夜~14日(土)
7月に来る台風では過去最大と言われる台風4号が
沖縄に接近しているにもかかわらず、連休を1日フライングして
鹿島槍ケ岳にT子、K子が行ってきました。


kasimayari2.jpg

■日程 7月12日夜-7月14日
■装備 小屋泊
■山域 北アルプス 鹿島槍ケ岳
■天気 13日薄曇 14日曇りのち雨
■参加 2人
■行程 7月12日 21:50梅田発阪急バス長野行き
     
     7月13日 6:20長野駅8:30-10:15扇沢10:30-10:40柏原新道登山口-
     13:45種池山荘13:55-14:40爺ケ岳南峰-15:50冷池山荘


     7月14日 4:40起床-冷池山荘6:00-7:20爺ケ岳中峰-
     8:25種池山荘8:55-10:50登山口-11:15扇沢 大町温泉薬師の湯入浴

当初の予定の13~15日、五竜から鹿島縦走は台風のため変更し、
柏原新道から冷池山荘までの往復となりました。

とりあえず、現地まで行って、最悪その日に帰ることも視野に入れ
バスに乗りました。長野に着いても曇天で判断をつけにくい状況、
扇沢まで移動したら稜線がきれいに見えていました。
台風はまだ沖縄、梅雨前線は太平洋沿岸の南にあるし、雨は
iモードで雨雲レーダーをチェックし、まだ大丈夫だろうとなり、
無理ない所までと出発、種池山荘まで行って明日、稜線が
一瞬見えるだけでもいいとの願いで歩き出しました。

登山口から3時間で種池山荘着、山荘から爺ヶ岳がくっきり見え、
冷池山荘まで2時間となると、元気がでて冷池まで行くことにしました。

東京からの素敵なご夫婦と4人だけの食事でした。
パトロール隊の常駐されている方がお一人、他に自炊の方が
数名程度の静かな山荘、

山荘も新しく、人もよく、こんなにのんびり快適に過ごせたのは
初めてでした。

天気予報では、翌日は昼ごろから雨がひどくなるようなので
明日は鹿島槍を諦め下山しようと決定。

朝起きると、空はグレーだけど部屋の窓からくっきり山が大きく見えます。
立山三山と剣が額縁におさまったようです。

部屋の窓からの早朝の立山
kashima3.jpg

山荘横から見た剣岳
kashima2.jpg


山荘から少し歩き出した所より立山三山と剣
kashima4.jpg


歩き始めたら後に鹿島槍、きれいな双耳峰、今回は頂上を踏むこともなく
眺めただけとなりましたが、“いつかきっと”と誓いました。


kashima5.jpg


今回、冷池から種池までの稜線歩きはとっても快適なものでした。
爺ヶ岳がこんなに展望のいい山だとは知らなかったのです。

jijipa1.jpg ←爺ケ岳4枚分のパノラマ写真 クリックしてください。

晴れてはいないが、山には雲がなく遠くまで視界が開け、
近くの剣、立山は勿論、槍、穂高、までの大パノラマ。
そして、悪天と連休初日もあり山に自分たちだけの姿、
止まれば、鳥のさえずりと遠くの沢の音だけ。
(こんなことはもうないかもと感激)

雷鳥の親子も初めて間近に。
こんな贅沢な山は初めてでした。

kashima6.jpg

| 個人山行 | 23:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月