白峰山の会

大阪のハイキングクラブ。関西の山好き仲間が集まって、山行報告や楽しいこと。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012謹賀新年

2012nenga7.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年も安全に登山を楽しみ、色々な方と交流ができました。

今年も安全を心がけ、いろいろなことを学びつつ
いい登山や活動ができればと思います。

今年はどんな景色、天気、そして人に出会えるか楽しみです。
スポンサーサイト

| 番外編 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休の過ごし方

10月7日
連休の予定は?と夫オトンが聞く・・私オカンは2,3山行を提案してみる
オトンは、すぐに 『くもの巣がある、ヤブ漕ぎはイヤだ 』 と言う(-ω-;)
会の皆は それぞれに計画を持ち 天気も良さそうな連休を楽しむのに・・・とは思うのだけれど
二人とも もう一つ やる気が、行く気が盛り上がらない
『じゃあ 明日はテントの防水をする』と私が言うと
『何で 俺がせんとあかんねん、誰かに手伝てもらえ、先に洗わんとあかんやないか!(`ω´)』等々
『タフライズテントは M口さんが洗てくれてるからエアーライズを洗うだけよ、
 だって 明日天気ええもん 』(^^♪
 
10月8日
一夜明けて 朝から作業が始まりました
作業⇒オトン   撮影⇒おかん
『バケツで洗う?』  『う~ん、衣装ケース使おう』

防水1

『何処に乾す?』『太陽照ってるから 玄関の方、チョット待って洗濯物片付けるから!』

防水2

乾くのを待つ間に山道具の整理、処分して道具入れは少しスッキリしました
昼ご飯を食べながら、オトンが『 金剛山にいく?』と聞くので 
『 ええよ、上でおうどん食べよう!香楠荘の杵屋にまだ行った事無いよね 』で盛り上がり
金剛山に行く事になった
・・・・正確には 香楠荘内グルメ杵屋そじ坊デス  モンベルカードで少し割引有りです     

防水

正確にはフライシートの撥水加工です、信越シリコーン POLON-T1kg(刷毛付き)を使用
テント2個分 使うと思い2缶買ったのですが、1缶で十分でした
そして  結局はオトンが作業を全部しました  ありがとう 感謝してます(^-^)b

10月9日
金剛山へと言ったものの、朝早く起きることが出来なくて・・・何時もの事やオトンの声
ヌボーとしつつも おうどん食べに行こうよ、オカンが言う
『計画書ないけど』  『でも、ヤッパリMLに流しておく方がええンちゃう』で出発

駐車場はどこも満タン 最後の一台かな見たいな感じで
ロープウェイ駐車場に車を置き、文殊尾根から千早園地を経て細尾根コース
オカンは『 杵屋うどん杵屋うどん 』と唱えながらオトンの後を追う

スギ植林とブナや雑木林文殊尾根2


ぶなの木とオトン   紅葉はこれから
文殊尾根 
             
植物
花と蝶ときのこ 

くもの巣ってきれい 雨上がり太陽に照らされているのは本当に美しいと思う
細尾根 クモの巣
 ただ山行中 くま笹を顔面で振り回さないと 大変なことになる I am spider women


紅葉?
                        
          なんだカンダで駐車場に戻ってきました

| 番外編 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

府民の森ほしだ園地・クライミングウォール

N井です。

交野市にある府民の森ほしだ園地のクライミングウォールの
施設利用講習会に参加してきました。

施設利用講習会とは?
この公共の施設を使うに当たっての注意点の説明と
最低限の技量を備えているかの合否判定をされます。
この講習会を受けて合格すると、3年間有効の使用許可証がもらえます。

公式HPの説明によると…
  1.施設の設備内容の説明
  2.使用可能ルート及び支点の位置の説明と実習
  3.確保用ロープの取付け方法の説明と実習
  4.安全確保の取り方の説明と実習
  5.利用にあたっての遵守、注意事項等の説明
となっています。

府民の森ほしだ園地・クライミングウォール

~~~~~~~

さて、実際の講習会の様子は…

室内での説明のあと、外に出て、壁の上にある東屋まで階段で登り
(この階段が結構怖い^^;)トップロープの掛け方を教わる。

東屋まで登ったら、まず自己ビレイをとる。
ここは高さ16mもあり、落ちたら痛いじゃ済まないはず(^^;)
その後、実際にトップロープを掛けてみる。
リードの終了点を使ってのトップロープは禁止となっていて
必ずトップロープ専用のステンレスバーを使用するとの事。

次はビレイと登りの実技。
参加資格はリードで5.9以上登れる人、という事なので
特に問題はないと思うけど、私はここで登るのは初めてだし
ハングしたメインウォールは中々威圧感がある。
1ピン目まで結構遠く(室内壁の3ピン目ぐらいの高さ)緊張する。
実技の合間に簡単なペーパーテストを提出する。
12時半ごろ合否発表して終了。
結果は全員合格でした。
まあ、よっぽどでない限り、不合格にはならないでしょう(^^)

見上げたところ。


ウォール全景。


~~~~~~~

使用許可証を持っている人と一緒に行けば、この施設を使う事が出来ますので
皆さん、どんどん利用しましょう。
ただし、クライミングは本来危険を伴うスポーツです。
その辺りをよく理解してから行ないましょう。

この施設は人工壁だけど、室内壁とは違って、装備一式は全て利用者が用意
しないといけない(ヌンチャクも掛かっていない)ので、どちらかといえば
外岩に近いものがありますね。

| 番外編 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早春を駆け抜ける

I立組の若頭S山です。
この度、大阪城リレーマラソンに初参戦しました。

IMGP6736_convert_20100412215853.jpg

IMGP6737_convert_20100412220323.jpg

ピッカピカのチームオリジナルTシャツに身を包み、気合いを入れ…とはいかず、
不安と緊張から吐き気に襲われる私。
が、しかし、予想とは違い、コスプレあり、被り物あり、何でもありな様子で緊張も緩和され、

いざ本番!

IMGP6692_convert_20100412221142.jpg


この日のために少しだけ大阪城を走ってはいたものの、
たすきを受け取り、一歩…二歩…と足を踏み出した瞬間、
周囲があまりにも速く(いや、単に私が遅い)どんどん抜かれ
自分のペースで…と思っていても無理でした。
気持ちは全力疾走でしたが、だんだんと足首辺りが重くなっていき、疾走どころか失速。


2週目はI立親分からたすきを受け取る事になっていたのですが、
あまりのなで肩のせいか姿を見失い、気付けば目の前に…
や…やっちまったー!
大慌てで再び全力疾走の旅へ。
ゼーゼー、ハーハー…鼻の膨らみをおさえるのに必死なのに
終わってみれば『凄く淡々と走ってたー』と言われる私。
そ…そうですか??


走り終えた後のご褒美は、焼きそばにちらし寿司にロールケーキ。
どれも美味しくいただきました。

IMGP6701_convert_20100412221502.jpg

来年もご褒美を目当てに…いや、チームのため、10秒のロスタイムを取り返すため、
気合いを入れて頑張ります。


来年はどんなTシャツになるのかなー?

IMGP6738_convert_20100412220715.jpg

| 番外編 | 22:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月例会・大阪城リレーマラソン2008

16日は大阪城リレーマラソンで走ってきました。
山行ではありませんが3月の例会としました。
白峰10名+ELFのN野さん+会長知人1名の12名で走り
他にタイム計測や炊き出しなどの応援として数名参加し、かなり賑やかに。
普段の山行より集まったかも。

この大会はシビアな競争ではなく、1周2kmのコースを21周(1周だけ2.195km)
してフルマラソンの距離を走る、というもので、日頃トレーニングをしていなくても
誰でも気軽に参加できる大会となってます。


激走!Tさん
激走?するTさん。

激走!Kさん
文字通り本当に激走のKさん。

激走?会長
激走?する会長。

ゴ~ル!!
感動のゴ~ル!!

タイム記録表
タイム計測等、サポート隊の皆さん、ありがとう。

お疲れ様でした!
皆さん、お疲れ様でした!


ゴールタイムは、3時間39分55秒。
4時間以内が完走扱いという事で目標でしたが、これを大きく上回りました。

たまに山以外のこういうイベントで集まるのも楽しいものです。
来年もまたみんなで走りましょう!
お疲れ様でした。

| 番外編 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんなの試した。

Nっしーです。
以前こんなモノをもらったので、7月の西大台ケ原山行の前に飲んでみました。


「MPS高水素濃度ウォーター SWAT」


resize0002.jpg


‘ミネラルウォーターの約150万倍の溶存水素量を持ち、
驚異的な酸化還元力で疲れの原因となるDNA損傷が抑えられます。’


てな、根拠のなさそうな怪しげーな通販商品。1本約300円也。
たとえばビリーズ・●ートキャンプの後に飲むのがいいらしい…。


西大台ケ原山行の前日は昼からワイン会で(ひとり1本ノルマ)だったのと
前泊した場所が駐車場で鹿の鳴き声がうるさかっために寝不足だったのとで
効果が期待できると思い、山行当日の朝、歩き出す直前にぐぐっと1本。


水素注入で真空パックのせいか、吸い込むのにけっこう力がいる感じ。
味は?うーん、水なだけに無味無臭。アルミパックを吸い込むので若干アルミ味?


そして肝心の効果のほどは???


西大台ケ原の豊富なマイナスイオン注入のおかげで
SWAT効果があったかどうかはいまだに不明です・・・。








| 番外編 | 14:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。