fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年の室内壁まとめ

N井です。

2018年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習。
昨年の調子を維持できずにイマイチな感じでした。

毎年恒例のお正月課題。
ルーフ壁のYellow Dog(黄色い犬)は5.11d~5.12a相当ぐらいの課題。
終了点ひとつ前のクリップが出来なくて、そのまま終了点を取りに行くが
手前のホールドが持ちにくくて、終了点を掴みそこねる事、数回。
その都度、激落ち(多分、半分以下ぐらいの高さまで落ちる)するのでロープが傷む(^^;)
RPした後は、やらない課題となりました。面白いんやけどね。

昨年から挑戦していたルーフ壁のツエルブ台の課題ふたつ。
5.12b(紫矢印)と5.12b/c(水色■)
結局、ワンテン地獄に嵌ってしまい、RP出来ないまま
5月末頃にホールドチェンジが行われ、無くなってしまいました…。
まあ、しょうがない(^^;)

新しい課題に変わったルーフ壁は、5.12aまでの課題は大体RP出来たけど
それ以上の課題になると、全然登れなかったりするものもある。
ムーブが出来ないって事は、これはもう完全にボルダ―力不足やろうね。
昨今の課題の流行として、リードもボルダリングなムーブを取り入れたものが多く
その流れについていけてないクライマーになってしまっている(^^;)

110度壁の5.12a(紺■)をやっていると、途中のあるムーブの時に
昨年後半からまた痛くなってきていた右肘が本格的に痛くなり
少し休んでいた期間もありました。
そのせいか少し低調な時期が多かったように思います。
来年は頑張ろう(^^)
スポンサーサイト



| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年の室内壁まとめ

N井です。

2017年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習。
昨年の調子を大体維持している感じで練習出来ました。

4月には初の5.12bのRP!(←過去の記事参照)
その後、ルーフ壁のホールドチェンジが行われ、新たな課題が現る。
5.11bまではオンサイト。
5.11cは当初はなく、5.11d(黒/)をするが当然オンサイトは出来ず。
でも得意系だったのですぐにムーブを理解して、3回目でRP。
意外と苦労しなかった(^^)

後から追加された5.11d(黄色/)は、出だしから悪いホールドで
「怖っ」と思いながら登り、オンサイトでは終了点まで抜けられなかった。
2~3回目も同じく前腕がパンプして途中敗退でしたが、なぜか4回目でRP。
ルーフを乗っ越してからは敗退続きで触れていなかったので
上部はオンサイト状態でしたが難しいムーブもなく、あっさり終了点へ。
下部が核心の課題でした。

ルーフ壁のツエルブ台ですが、触れそうな課題はふたつ。
5.12b(紫矢印)と5.12b/c(水色■)。
限界グレートですが、やってみる。

5.12b(紫矢印)は、出だしからルーフ入口までの薄被り壁部分が悪いホールドで
いつ落ちてもおかしくない、とても緊張する課題。
でもルーフを乗っ越してからが、この課題の本当の核心。
左手を薄いカチみたいなポケットで保持して、右手をクロスで
オープンホールド(大きめのカチ)を取りにいくムーブが極端に難しい。
テンションしてその部分だけをやってみても成功率は50%いかないぐらい。
多分、鬼のような保持力と体幹の持ち主なら普通に取れると思うが
なんせ身体が弱いもんで(^^;)
テンション掛けても終了点までいけない事、多数…。

5.12b/c(水色■)は、長くてしんどいルート。
こちらは出来ないムーブはないが、ひとつひとつがしんどくて
どんどん消耗していくので、とてもパワーが必要な課題。
こちらもルーフを乗っ越してから核心ムーブがあり、テンション掛けながらでも
終了点まで登ると酸欠で息が上がってしまう。

上記ツエルブ台ふたつは年末まで何十回とするもワンテンの嵐でRP出来ず。
来年に持ち越しです。

その他、ルーフ壁で追加の課題やホールドチェンジした110度壁での
イレブン台は全部RP出来たはずやけど、ツエルブ台は結局
ろくにRP出来なかったような気がする。アカンなぁ…。

数年前に痛めた右肘もまた徐々に痛むようになってきたし
5.12b/c(水色■)をやっている時に、新たに左肩を痛めたりもした。
もう若くないし、怪我の回復力も落ちているような感じがする。
無理しない程度に頑張っていこう。

| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレード更新!

N井です。

室内壁のクラックス大阪での練習。
年が明けてからGWまでのまとめをしよう。

なんだかんだで今年最初の室内壁は、1月もほぼ終わりの26日となりました。
クライミングはほぼ1ヶ月休んでいたので保持力が無い…。
ただ逆に十分休んだ事で、肘や肩の痛みはほぼ無くなっているのはいい事だ。

年初め恒例の干支課題(グレードは?の課題)として今年は「酉年課題」が
数点作られていましたが、3月のクラックス大阪でのコンペ(みにぱ)に向けた準備のために
大半の壁でホールドチェンジを行い、2月初旬で酉年課題はほぼ消滅してしまうとの事。
かなり出遅れたけど、どこ(難しい課題)まで出来るかな~?という感じでした。
そして2月になり、酉年課題の最終日。
まあまあ難しい課題、黄緑酉(5.12a相当)をこの日2回目、総トライ8回目にしてRP達成!
特にこれまであまり得意ではないと思っていた薄被りとカンテの複合壁課題だったので
意外にあっさり登れた事に自分でも結構驚きました。
なんでもやってみな分からんな、と思いました。

そしてみにぱが終わり、次はGW前後にかけてリード壁の塗装をするという事で
またまたホールドチェンジが行われるとの告知が!
酉年課題もそうだったけど、今回もありえないほどに短い間隔でのホールドチェンジだ。

2月に出来た新しい課題のひとつである、ルーフ壁真ん中を登る5.12b(オレンジ/)。
限界グレードですが多分、今の自分に一番向いているであろうと思われる課題だったので
3月初め頃から挑戦してみましたが、ワンテンになってから、さらに1ヶ月以上経っても
中々RP出来ません。急がないと本当に無くなってしまう、と焦る(^^;)
毎回ルーフを抜けた後にあるカチを取りにいくムーブで落ちる。
届いていないとかヨレているわけではなく、ムーブの精度が悪くて
掴んだホールドを保持出来なくて落ちる感じ。
そこのムーブは、フラッキングで足を振って体を上げてホールド取りにいくのだが
カチを掴んだ後に振った足が戻る時に体が回転してしまい壁から剥がされるのである。
体幹が強い人はそこで耐えられると思うのだが弱い私は何回やっても同じ落ち方をするので
そこのムーブを変える事にしました。
フラッキングで振っていた足をホールドに置いて、キョンでクロスに手を出すようにしました。
私の身長ではかなり窮屈なムーブだったので試してなかったが、一度やってみる事に。
すると今までの苦労が嘘のようにカチが取れるようになり、これはいよいよRP出来るか!
と思いましたが、下から繋げて登るとやはり最後はしんどいのか
終了点まであと1手とか2手で落ちてしまう。
ちょっと危険な終了点落ちも一度ありました。
終了点は掴んでいるがクリップしていない状態での落下ですので、当然激落ちです(^^;)
それから一週間後。
4月最終日についにやりました!初の5.12bのRPです!!
まあ登れる人にはなんてことのない課題かも知れませんが
登れない人の私は思ってた以上に苦労しました。
ワンテンになってからの方が長く、本数も多かったでしょう。

とりあえずホールドチェンジには間に合いました(^^)


5.12b(オレンジ/)の課題の説明。

| 室内クライミング | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年の室内壁まとめ

N井です。

2016年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、中々調子が良かったです。
昨年からの宿題がちょうど次々とRP出来ました。
うれしかったのは現状の限界グレードである5.12a/bをまた登れたという事です。
一度どん底まで落ちても、また戻る事が出来るという事が分かりました。

この年のツエルブ台は、5.12a…1本、5.12a/b…3本、RP出来ました。

昨年RPした5.11d(黄色/)がこの年の途中で5.12a/bに格上げされていたが
自分的には5.11dで納得のいく難しさだったので別に悔しくありません(^^;)

イレブン台は5.11cぐらいならオンサイトは無理としても数回程度でRP出来るようになったり
ツエルブ台でも自分向きの課題なら10回以内でRP出来るものもあったりしたのも
昨年よりも調子が良かったと思えるところです。

来年も怪我に注意して頑張ろう。

| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年の室内壁まとめ

N井です。

2015年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、昨年末の右肘故障のせいもあって
春頃までは全く行かずでした。
やっと腕に力が入れられるようになったので
久々に練習に行ったら、5.10bを登るのも必死だった(^^;)
その後、徐々に調子を取り戻すが、右肘が完全に良くなることはなく
常に少し不安がある状態でのクライミングとなる。

それから、昨年から諸事情で定期的に山登りに行かなくなったせいか
体重がやや増えてしまい、クライミングにも影響が出だした。
食べたら太る年頃になってきたし、気をつけないと。

結局この年は5.11dを数本RPするに留まる。
ツエルブ台は来年に期待しよう。

| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年の室内壁まとめ

N井です。

2014年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、昨年12月に右手薬指を痛めた影響もあり
本調子と呼べるような状態ではないものの、ようやく6月には5.12aをRPして
調子が少し戻ってきたと思われる頃に諸事情で秋以降はほぼ練習に行けず。

そして久々に行った年末に右肘を故障してしまい、腕が曲げられなくなり
完全に登れない体になってしまい、クライミングは長期休養をする事となる。
来年は怪我を治して頑張ろう(^^;)

| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年の室内壁まとめ

N井です。

2013年の室内壁まとめ。

室内壁のクラックス大阪での練習は、2月連休の山行後の駐車場で転んだ際
右手首を捻挫してしまい、その後しばらくはクライミングを休む破目になる。
この年前半のクライミングはリハビリが中心となり
室内壁もグレード更新どころか、現状維持も出来ない状態。

2月に傷めた右手首が治ってリハビリ後、ようやく登れるグレードが上がってきて
もうすぐ因縁の5.12a/b(水色×)がRP出来そうというところまで来ていたのに
12月初めの練習中に右手薬指を痛めてしまった。
いわゆるパキリというやつです。
これでまた振りだしに戻ってしまった(^^;)
因縁の5.12a/b(水色×)の課題も年末までで
次のホールドチェンジで無くなってしまった…。

結局この年の室内壁では5.11dをRPしたのが最高で
ツエルブ台はRP出来ず。情けない。
来年は指を治して出直しです!

| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだ挑戦中です…

N井です。

クラックス大阪。
基本、週1回のペースで行っております。
それ以外では、月に1回ほど休日に行くという感じ。

さて、以前から挑戦中の課題、5.12a/b(水色×)。
なんと、まだRP出来ていません(^^;)
これだけ登れないとなると、自分の才能のなさを呪いたくなりますね。
しかし、やり続けていれば、いずれ登れると信じて
懲りずに挑戦し続けています(^^)

| 室内クライミング | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

室内壁での練習(2012年10月)

N井です。

クラックス大阪でのクライミング練習。定期報告です(^^)
今、挑戦中の課題を登っているところを載せます。
課題は、正面壁(最大傾斜150度)の5.12a/b(水色×)です。
以前レッドポイント(RP=ノーテンションで完登)を達成した
5.12a/b(緑+)と同じ、私の限界グレードの課題ですが
当然簡単に登れるわけもなく、何度も挑戦しているところです。

オンサイト(OS)狙いの人は見ないようにして下さい。




この課題の特徴は、ガバ(ガバッと指が掛かる持ちやすいホールド)が少なく
5手にひとつぐらいの割合で、あとは、カチ(指先だけで保持するホールド)とか
ピンチ(親指と4本指でつまむホールド)とか、持ちにくいホールドばっかり。
ルーフを乗っ越してからは悪い(持ちにくい)ホールドが9手も続き
ロープのクリップのしにくさも合わさって、恐怖心との戦いになります(^^)
ルーフを通過する課題にしては派手なムーブもなく、地味~な感じの課題ですが
とにかく、どんどん前腕が消耗させられる課題(「吸い取られる」と表現します)です。
体力もかなり消耗するようで、ロアーダウン(ロープにぶら下がって降りてくる)
してくると、全力疾走した後のように息が上がっている事に気が付きます。
多分、スタティック(静的=じわりと体を動かす)なムーブが少なく
デッド(勢いをつけて体を思い切り伸ばす感じの動き)の連続だからでしょうね。
でも映像では、そんなにしんどそうな感じには見えませんね…(^^;)

映像では、ルーフを乗っ越したところにある、スローパー(丸い形で掴めないので
手のひら全体の摩擦を利用して保持するホールド)から、左手でピンチホールドを
取りに行くところで、フォール(落ちる)しています。
その後、落ちる前の位置まで戻ってから、登り直しをして、そのまま終了点まで
抜けていますので、1テン(1回テンションを掛けた)で登った、という事になります。
今すぐにはまだ厳しいですが、ノーテン(ノーテンション)で登れるように頑張ります。


≫ 続きを読む

| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

室内壁で練習中…

N井です。

またまた、クラックス大阪での様子を載せます。
今、挑戦中の課題は、正面壁(最大傾斜150度)の5.12a/b(緑+)です。
私の限界グレード更新を目指しての挑戦となります。

オンサイト(OS)狙いの人は見ないようにして下さい。



レッドポイント(RP=ノーテンションで完登)までは
もう少し掛かりそうな感じで、案の定、途中でフォール(落ちる)しました。
あと3手で終了点(ゴール)なんですが、それが遥か遠い…。
映像では最後、右手でホールドを取ってから、足を入れ替えて(右足→左足)
立ち上がっていますが、その後にロープをクリップしないといけないのですが
右腕はすでに疲弊していて、クリップ出来ずに落ちてしまいました(^^;)
ルーフを乗っ越してからの核心部分が、本当に厳しい課題です。




※6月13日・追記

ついにRP出来ました!!
私の限界グレードの更新(5.12a→5.12a/b)です。

上の動画で、クリップが出来ずに落ちたところも、無事クリアして
その次、右足を大きく上げて、右手でカチ(指先だけ引っかかるホールド)を
つかむと、左足をアウトサイドフラッキング(カウンターバランスの一種)で
左手ガバを取ると、一安心。あとの一手は容易に終了点へ到達出来ます。
最終クリップを済ませると、RP達成!!



この課題に挑戦し始めた頃は「こんなに難しい課題、ホントにRP出来るのかな?」
と思いながら、やっていました。
この課題を設定したクラックス大阪の木織さんに「ルーフを乗っ越してからの核心部分
のムーブが、本当に難しいですねー」と私が話すと、その答えは「5.12a/bですから」
というものでした。つまり、難しくて当然のグレードだという事です(^^)
まあ、そりゃそうか。核心部分が簡単なわけないですよね。
でも、最初はそのように、かなり難しく感じても、人間諦めずにやり続けていれば
いずれ出来るようになるもんなんですね~。
まだまだ、自分の限界点を上げるべく、これからも頑張っていきたいと思います。

| 室内クライミング | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT